読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web API: The Good Parts [読書メモ]

読書メモ

Web API: The Good Parts

Web API: The Good Parts


これまでそれほど Web API に関心があったわけではないが、最近 OpenStack 辺りの http ベースのサービスを触る機会が多かったので何となく手に取った。
表紙を見たときは Java 辺りでサーバサイドのプログラムを延々と書き連ねてあるような内容を想像したが、実際はその逆だった。
ありがちなプログラムコードやサーバソフトウェアの設定法などは全くなく、API の設計それ自体に焦点を当てていて、現在主流のウェブサービスの例も豊富に紹介されている。
運営の違いによる設計の違いとその理由、著者の考えや推奨などが詳しく書いてあり、分かりやすい内容となっている。
適切な url の命名、パスの構造、セキュアで堅牢な運用方法などは Web API に限らず Web サービス全般で重要なことで、これまで曖昧なままでやってきたことを詳細に知ることが出来た。
少し前に Rails を使っていてパスとクエリパラメータどちらにしようかを悩んだことがあってちょうどその辺りも詳しく書いてあって非常に参考になった。
それほど厚くなく、値段も技術書にしては手軽だ。

ただ本書はプログラミングやサーバソフトウェアについての本ではない。
これだけ読めば直ちに Web API が作れるわけではないし、そう言う意味では全くの初心者向けの本とは言えないだろう。
すでに Web API を作っているがいまいち確信が持てないままに運用している人や、Web サービスを運用していて API が有った方が良いと思いつつも何をしたらいいのか分からない、といった人にうってつけだろうと思う。
結果的に API を作ることがなかったとしても、堅牢な Web サービスを作る上で大いに役立つだろう。

良い本だと思う。